成田 さくらの山離陸編3(SQ777)

成田 さくらの山離陸編3(SQ777)

  • 初成田 さくらの山離陸編2(BA 777)(01/12)
  • 成田 さくらの山離陸編4(ANA 777)(01/14)
こんにちは

成田さくらの山から離陸機を撮るの続編です。

この機も早めにairborneしてくれました。
シンガポール航空 Boeing 777-300 9V-SWL
IMG_5183.jpg
EOS7D 1/1250 F8.0 ISO200 300mm

前の写真からこの写真まで間に7枚撮りましたが、残念ながら却下です。
個人的感想ですが、Gearを格納中の写真って、見ててすっきりしないんですσ(^_^;)。
IMG_5191.jpg
EOS7D 1/640 F8.0 ISO200 92mm

以下の写真2枚はもともと同じRAWデータから現像・編集しています。
まずは、撮影時の設定そのままの状態
IMG_5195a.jpg
EOS7D 1/500 F8.0 ISO200 114mm

Photoshop Elementsの自動補正で現像し、自動スマート補正をかけたものです。
IMG_5195.jpg
EOS7D 1/500 F8.0 ISO200 114mm

コントラストや写真の映え方は自動補正の方がよいと思いますが、空の色が均質的になってる気がします。前者はメリハリがないのですが、臨場感は勝ってるような気がします。

写真って、撮る前のロケハン、撮る瞬間のもろもろだけでなく、撮った後の現像/編集も難しいですね。
岡山の787撮りのスペシャリストの方(蒼天空路)にお伺いしたところ、やはり撮って出しは鑑賞に堪えられず、編集必須で、かなり鍛えたとのことです。
この先のことを考えると、じっくり勉強したほうがよいのですかねぇ。

いつもご覧頂き、ありがとうございます!。
↓にほんブログ村(航空・飛行機)を参考にしています。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
クリックしていただけると励みになります!
関連記事
  • 初成田 さくらの山離陸編2(BA 777)(01/12)
  • 成田 さくらの山離陸編4(ANA 777)(01/14)
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

岡山談によると、RAW現像後⇒TIFF出力⇒PHTOSHOP(もの凄い高い方ね)でレベル補正でヒストグラムの山を均一に補正している、、、、らしい。

あとは必要に応じてホワイトバランスの微調整と色単位の微調整。ローキー気味に仕上げるか?ハイキー気味にするか?は、正直個人個人の好みですし、反対に見る側の好みもあるので一長一短かも。

・ローキー気味=機体の明暗を強調した印象。迫力などが出やすい。逆に見る側からはアンダー写真に誤解される場合ある。
・ハイキー気味=すっきりとした全体像で一皮むけた印象。ホワイト系の機体などには有効かも。ハイキー過ぎると空がトンでしまうので、情景向けにはどーなのだろう。。

などなど。色んな人の作品・スタイルを取り入れて、自分のスタイルを確立すれば良いと思います。いいなあーと思った作品は先ず真似でも良いと思っています。でも実はその真似(構図・露出・シャッターチャンスetc..)が一番難しい時もあるので...。汗)

まいど。mim弟子のANです。
最近は明らかな露出失敗以外は、レベル補正しか使っていません。
RGB別々に調整できるので、破綻少なく決められますよ。
最近やりすぎでちょっとケバイかなとも思ってますけれど。
問題はグッドシーンに出会えないことかな。
トーンカーブをいぢることもあるけれど、あれは深みにはまる。

ありがとうございます

spotさん、ANさんこんばんは。
コメントありがとうございます

迷える子羊のひーちです。

デジタル写真は出来ることが多いのでしょうが、廉価版のphotoshopですら使いこなせてません(>_<)。
じっくり現像と加工に取り組みたいのですが、撮影枚数優先にするとそれも出来ず(-_-;)。

悩ましいですが、皆さんにこうやつて教えて頂きながら、少しずつ勉強したいと思います。
これからもお世話になりますm(__)m。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索